タージインドカレー

岩手県盛岡市中野1-25-28 タージインドカレーのお知らせや日記。

【追記】2020年3月21日
コロナウィルスの影響で飛行機が飛ばないとのことで一旦キャンセル扱いとなりました。
よって、状況が落ち着き次第のフライトになるかと思います。見通しは立ってないようですので今後に注視します。
また当店ではインド国籍のシェフら二人と毎日話し合いを実施しております。
本人らが帰りたいというのであれば家族もあることですし最優先で気持ちを大事にしたいと。
ただ、彼らはインド在住の者らとも毎日電話連絡をしておりインドも店やホテル、飲食店などを閉めており仕事もなく金もなくなり、座って食べる物を探してる、、、という状況。
これが悪化すれば強奪などの犯罪が増えることが考えられ、ギリギリまで仕事してお金をまだ持っていれば渡して命が助かるかもしれないし、、という何とも悲しい理由ですが仕事をしたいという希望でした。
まだ当店はお客様が来てくださることが救いです、ありがとうございます。
日本でもどうなるか分かりませんが1日店を開けることで誰か一人を助けることができるのであれば、もう駄目だ、となるまではやると思います。
仕方ないと自分が思えるまでは毎日をただただ一生懸命働くのみですね。


ではでは、何かありましたらまたご連絡いたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当店ではシェフらに二年に一度、一時帰国(2か月半~3か月間)を認めています。
今回はサビールがリフレッシュ休暇となります。
インドへの飛行機はコロナウィルスの影響でフライト本数が減っており、来週を逃すと4月になってしまうため、急ではありますが来週の帰国となりました。

・3月27日の夜(閉店後)~6月21日(予定)

この間はシラージと私とで店を運営します。
頑張りますが何かしらご不便をおかけしてしまうこともあるかと思います、時間に余裕を持ってお越しいただけると助かります。
すみません。


またメニューですが、せっかく遠くからお越しいただいてるお客様もいらっしゃるため種類が豊富な単品はなるべく減らさず、手数・時間のかかるセットはその期間はお休みになると思います。(カップルセットは残していたいと二人で話しています)
他のセットはサッビールが帰ってくるまで楽しみにお待ち頂けると嬉しいです。
ガッチリ決めてしまわずコロナウィルスの影響等も考慮しながら、柔軟に動ければなと。
なにせビザの取得も重なって飛行機チケットもその日に予約など急遽決まったものでバタバタしております。

毎年のようにシェフが交代で帰国しています、どうしても無理なら仕方ありませんが、なるべく店を閉めることなく楽しみにしてくださるお客様に食べて頂きたい。
激変は避け、単品でどうにかご迷惑かからない方向でできればと思います。

また、この記事はトップページに6月21日まで掲載します。
内容等が変更になったり何かありましたら追記します。
よろしくお願いします。


タージインドカレー







先に賄いきまーす。(べ、べつにアムロいきまーすの真似じゃないよ)

大好き!大根だけカレー(笑
DSC_0011


ビリヤーニ炊いたときの。
肉団子はサッビールがご機嫌で作りました。スパイシーでんまかった。
DSC_0016


あ、豆のスープもでました。
あ!肉が1個増えてるのがバレるーっ。本当はおかわりもしました。
DSC_0019


デザートのキール
大好きすぎる。
DSC_0020


シークカバブが久しぶりに来た。味見?
DSC_0021


チキンってば出汁だしちゃうよね、好きヨ。
DSC_0023


ステーキ。
あのですね、私は大槌町出身なわけですけど、これイルカの肉に似てるんですわ。
イルカ食うと男子に振られるんだけどね。
私は肉が全般的に苦手だったので、イルカでたんぱく質を補ったりしてました。
ま、あとは魚だけどさ。
 DSC_0025



お客様からの頂き物。
お客様に会えたことが嬉しかった。何年ぶりだろう、、オープン当時から常連様でその後お引越しされたお二人と生まれたばかりだった息子さんが大きくなっていらっしゃいました。
いやあ、嬉しかった。そしてこのお土産のお菓子が絶品でして、シラージが気に入って隠しました。
先日部屋に行ってみたら布団の横に並べられてました。
昭和時代にあった犬が骨あつめる漫画のようでした。
ありがとうございます。
DSC_0014


こちらは雫石の方から。5年ぶりくらいに会って、そこから何度か来てもらってました。シラージもその方を大好きなもので喜んでおいしいカレー作るので店にも嬉しい効果です。
ありがとうございます。
DSC_0031



他、写真に撮れてないのもあります、みなさまありがとうございます。
私もお客様方が心にあります。
綺麗ごとに聞こえるかもしれないけど、お一人お一人お話をしたときなど大丈夫だろうかとかうまくいくといいなとか、ふと心をよぎったり。
皆様が心穏やかで過ごせることがやっぱり私は嬉しいなとつくづく思います。
健康に留意してくださいね、、、お一人暮らしの方々のことも皆で意識しましょう。
声掛けとか、あたしゃ何も恥ずかしくないししますからね(笑

ではでは、よろしくどうぞ。






日替わりは「野菜カレー」です。

よろしくどうぞ。



先進国な日本。
どうですか?布マスク2枚配布の政府案!
さすがですねえ。世界がチビりましたよね、やるな、日本、さすがって。

と、誰か思いました?

配達員さんや発送の準備をする方々の疲労困憊が想定されます。
ただでさえ外出控えてる日本なので通販が増えて荷物が多くなっているでしょう。
心穏やかにと言っても簡単には難しいかと思いますが希望を失わず前を向きましょうね。
私、郵便局員さん大好きです。
いつも控えめなやさしい笑顔でポストに入らないとわざわざ声かけてくださったり。たおやかな動きでまったりしてそうだけど無駄が少ない。
雰囲気にやさしさをまとい、出てくる言葉に愛があります。とくに郵便局員さんは相手を受け止めようと一人ひとりの顔を真っすぐきちんと見ます。
いい人が多いです。
そういった方々から笑顔が消えるかもしれないと思うと、2枚のためにどうなの?と思わざるを得ない。
何もしないよりいいという人もあるけども、無駄な動きというのは人を疲れさせ次の大事な行動へ支障をきたすこともある。
この配布は良策ですね!とは言い難い。
マイナンバーの活用はどうなったのかしら、普通に市販マスクの一人1箱のみなどを徹底するためにマイナンバーなど活用すればいいのにね、このカードだって気の遠くなるような税金使ったんですよね?ねえ?
店に普通に品物を卸し5日(日数は決めたほうがいい。でないと早朝に毎日並ぶ人がでるから)で一人1箱を基準をもって徹底する、ということだけでも少しずつ棚に商品が並び、それを見るだけでも人って安心するじゃない?
何のためのマイナンバー?って思います。使わないとやる意味あったのか、と。
ただ批判するだけじゃ野党と同じだから一応意見は言っておきました。
世の中、野党が弱いとか言ってるけども、そもそもで与党が弱いから野党が弱くなっていくんですよ。
芯のある志を持って動く強い者には強いライバルというのが必ず出ます。
強い野党が出ないのは与党のやってることに賛成、同意見だからです。よって与党が傾いてきているということ。
マスク2枚の提案を見るだけでも分かるでしょう。
国民の過半数がマスク2枚欲しい!!!って思ってました?国民の半分の数が思うことが実施されていく、国がそう動いていくのが「強い国」であり与党も強いということ。
国民の想いとトンチンカンな動きになっているので、もうこれ国を頼るなってことに近いと思いますね。
我の命は我で守れ、みたいなとこありますね。
必ず罰は受けるでしょう。
やる気があるなら国民投票でも何でも、国民の声をまず聴くってこと、普通はすると思います。
専門家でもないですよ。だけどね、こんな世界状況を分かってる専門家なんかいませんよ、だって、こんなこと世界でも初めてでしょ。
したり顔で言う人なんか信じれませんね。
何を信じるかってなったとき、この国を支えてる国民じゃないの?そこに聞かないってパニックで我を忘れすぎ。
落ち着けばわかるのにね。どこの民を大事にしなきゃないのかってことくらい。

金はね、後から稼げるんですよ、人さえいれば。
人ってね、命を宿らせお腹で育て、産み、そこからまた20年育てるまで、そして20年育てたからといって人として研ぎ澄まされて確立されてるかといえばそうでもなく、そこからまた10年くらいしないと人間というのは落ち着かない。
金があっても結局30年くらいかかるんです、人を育てるって。
どちらが大事か、考えてみれば小さな子でも分かると思うけどなあ。

マスクが安心になれば、って政府は言ってましたね。逆ですよ、そんなことくらいしか思いつかない現状の政治家にますます不安になったとしか思えません。
それすらも見えないくらいになりましたか。
一度国民に聞いたほうが良い。パニックで我を忘れているだけでしょうから。(ごめんね、この言葉2回出したでしょ、だってこういうしかフォローの言葉がないじゃないの。あはは!!もちっとしっかりせえや、もうフォローもできんわ、まじで)

まあそんなことはさておき
ってね、さておけないくらいにツッコミどころが満載すぎて通り過ぎれないですよ今の日本は。

日替わりカレーは「大根入りキーマカレー」です。
よろしくどうぞ。


日替わりは「オクラ入りチキンカレー」です。

よろしくどうぞ

日替わりは「ナス入りキーマカレー」です。

よろしくどうぞ。






 

↑このページのトップヘ